スポンサーリンク
池田先生ご指導

なお、今まで功労があったが、あるときは組織を乱し、あるときは増上慢となって人々のひんしゅくをかい、またあるときは、諸問題で信用を失った人がいる。 私が、その人たちを遠ざけていかざるをえない場合もある。

信心の世界では信心の厚薄、浅深が基準である。
世間の法や人情にとらわれ、その根本を動かしてはならない。
なお、今まで功労があったが、あるときは組織を乱し、あるときは増上慢となって人々のひんしゅくをかい、またあるときは、諸問題で信用を失った人がいる。
私が、その人たちを遠ざけていかざるをえない場合もある。
それは、その人たちを慈愛で包容しても、多くの後輩たちがその不公平さに苦しみ、悩むからだ。
ゆえに私は、たとえ無慈悲のように見えたとしても、厳然と、広布の未来のため、また多くの人たちの納得を得るために、やむをえず、その人たちを厳しくそばに寄せつけない場合がある。
この占をどうか、ご了承願いたい。