池田先生ご指導

理論や理屈によるというよりも、ほとんどの方は、身近な学会員の姿を見、真心に触れて入信してくる。 「学会の人は話し方がすがすがしい。思いやりが深い。誠実である」 「学会には、素晴らしい音楽、文化がある」

理論や理屈によるというよりも、ほとんどの方は、身近な学会員の姿を見、真心に触れて入信してくる。
「学会の人は話し方がすがすがしい。思いやりが深い。誠実である」
「学会には、素晴らしい音楽、文化がある」
「学会の女子部は美しく、さわやかである。ぜひ息子と結婚させたい」
「職場でも、信心している人は、意欲的だし、どこか違う」
こうした私達の日常の姿、平凡な振る舞いに心ひかれ、人々は仏法に興味を持ち、関心を深めていくのである。
所詮、仏法の真髄の一つは、振る舞いである。また難信難解の仏法を、いかに弘め、多くの人に教えていくか。その意味でも現実の行動が大切である。