人は決して指導を受けただけでは、信心の成長を図れないということです。そのためには、体験を積んでいくことが大事です。

シェアする

人は決して指導を受けただけでは、信心の成長を図れないということです。そのためには、体験を積んでいくことが大事です。
「一度説明したのだからもう十分だ」というのは無慈悲です。相手の生命が変わるまで、語り続けることです。


人の身体に備わる「治癒系」と人の精神が抱き得る「確信系」とは「共同して働く」