池田先生ご指導

南無妙法蓮華経とは、生命を変化させる大元である。われわれが南無妙法蓮華経と唱えることは、その変化させる大元を、自分の生命の中に取り入れることになるのである。

南無妙法蓮華経とは、生命を変化させる大元である。われわれが南無妙法蓮華経と唱えることは、その変化させる大元を、自分の生命の中に取り入れることになるのである。
したがって、自分の望む方向に物事が変化していって、願いが叶うのは、むしろ当然のことなのである。
ただし、本当は、取り入れるのではなくて、
「所詮日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉るは、併ら護念の体を開くなり」
とあるように、われわれの生命自体が、本来、南無妙法蓮華経の当体なのである。

  1. 川口克彦 より:

    南無妙法蓮華経と唱える。仏界を出す事これほど幸福なこと、楽しいこと、闘えること、これほどの喜びは無い、全ては、人生は、一念できまる。ご本尊様に感謝の念がたえません。喜びにも、悲しみにも一念三千、仏界を出す、仏界を出す、仏界を出す、そうすれば願いは叶う、ありがとうございました。

  2. 川口克彦 より:

    南無妙法蓮華経と唱える。仏界を出す事これほど幸福なこと、楽しいこと、闘えること、これほどの喜びは無い、全ては、人生は、一念できまる。ご本尊様に感謝の念がたえません。喜びにも、悲しみにも一念三千、仏界を出す、仏界を出す、仏界を出す、そうすれば願いは叶う、ありがとうございました。川口克彦

Translate »