池田先生ご指導

御義口伝をもとに法華経を読んでいくとき、従来の二十八品という固定的な形式をもっていた法華経が、

御義口伝をもとに法華経を読んでいくとき、従来の二十八品という固定的な形式をもっていた法華経が、しだいに私たちの胸底に実在する生命の大海のなかに融け込み、どの人物も文々句々も、躍動する生命のさまざまな働きや作用を指し示したものであることが明らかになってくるのです。

法華経のどの一字一句も、ことごとく私たちの生命活動を表したものであると、わが生命の奥底から納得したとき、法華経はまさに生命そのものとして私たちに迫ってくるでしょう。

すべての人びとの胸中に眠っている仏界は、その覚醒の時を待っている。

Translate »