信心は、あくまでも能動でなければ「先駆の人」とは能動の人であり、みずから率先の人である。

広布における「先駆」ほど誉れ高いものはない。
信心にも「能動」と「受動」の二つの姿勢がある。
「能動」であってこそ、ほんとうの信心である。
受動の信心には、功徳は少ない。
信心は、あくまでも能動でなければ「先駆の人」とは能動の人であり、みずから率先の人である。
そこに栄光も勝利もある。
すべてにおいて先駆をめざし、考え行動していく、根性、努力の人こそ、偉大であるし、平凡をつきぬけた英雄である。
そこにほんとうの充実感と喜びがあることを知っていただきたい。

皆様のコメント全部はこちら