池田先生ご指導

こうしたたゆみなく、じっくりと取り組み、信仰を貫くことにより、生命のなかに永遠の福運を積み、絶対的な所願満足、つまり勝利の人生を送ることができるのである。

人間革命をめざす信・行・学という実践は、いかに時代が厳しく移り変わろうとも、いかに社会が変動しようと、その原理、法則は不変である。ゆえに、持続しゆく永遠性の次元に信行学の真髄がある。スランプがあっても、どんなことがあっても、毎日少しずつでも不変の法則である大聖人の教えを実践していくことが大切である。何歳になろうとも、この実践だけは忘れてはならない。
ウサギとカメの話しにたとえていうと、ゆっくり前に進みつつ、最後に勝利したカメの生き方を学びたい。
カメのような信心を貫いていただきたい。こうしたたゆみなく、じっくりと取り組み、信仰を貫くことにより、生命のなかに永遠の福運を積み、絶対的な所願満足、つまり勝利の人生を送ることができるのである。

Translate »