スポンサーリンク
池田先生ご指導

御本尊へ合掌し、勤行・唱題する。その声は、すべて仏・菩薩、諸天善神のもとに届いている。 そして目には見えないが、全宇宙の仏・菩薩、諸天善神が、

御本尊へ合掌し、勤行・唱題する。その声は、すべて仏・菩薩、諸天善神のもとに届いている。
そして目には見えないが、全宇宙の仏・菩薩、諸天善神が、その人を守り囲んでいく。その真ん中に自分がいることになる。
東天に向かって、諸天善神の代表である大日天にあいさつし、諸天に法味を捧げる。
その後。御本尊に向かうと、全宇宙の諸天善神が一斉に御本尊に向かって合掌し、自分が願った通りに、諸天が動いていく。
題目をあげるということが、どれほど、すごいか。すべての仏・菩薩、諸天が味方になるのである。


とにかく、諸君が悩んでいるのは、もっとはっきりしたものをつかみたいからなのである。御本尊を信じて南無妙法蓮華経と唱えれば、必ずや生命の内なる変革をもたらし、もやもやとしたものは、はっきりし、問題は解決するのである。


出ない福運を出すために御本尊を拝むのである。信心が深くなれば、前世のより、更に久遠からの福運が出て来ることになる。


御本尊の功徳は絶対だという信心の切れ味の良さ、御本尊に対する確信、魔を打ち破っていく切れ味。相手の生命のなかに魔が食い込んで、みな魔に食いつぶされているような格好でくるのだから、これを打ち破らなくては信心が開けない。
常にみずみずしい信心の息吹で、躍動した生命で、この二時間、三時間、大変な疲れにもなるが、一人一人の生命を変えるのだから並大抵の労苦ではないけれども、それが御本尊につながり、自分自身の仏道修行の場にもなるのである。
皆さんの担当した指導の結果は、厳然として信心の功徳の証拠となり、一人一人のうえに出てくることを確信していただきたい。