池田先生ご指導

「なすべきことを後回しにしたり、そのうちやろうなどと構えていたら、敗北を約束されたようなものです。明日を頼まず、明日なき人のごとく、全身全霊で今日を戦った。ゆえに学会にはスピードがあり、大発展したのです。

一丈の堀をこへぬもの十丈、二十丈の堀をこうべきか
一丈の堀(今日なすべきこと)を確実に踏破し、大いなる目的に向かって勝利の山を築いていかなければならない。
「なすべきことを後回しにしたり、そのうちやろうなどと構えていたら、敗北を約束されたようなものです。
明日を頼まず、明日なき人のごとく、全身全霊で今日を戦った。ゆえに学会にはスピードがあり、大発展したのです。一丈の堀をこへぬもの十丈、二十丈の堀をこうべきか
一丈の堀(今日なすべきこと)を確実に踏破し、大いなる目的に向かって勝利の山を築いていかなければならない。
「なすべきことを後回しにしたり、そのうちやろうなどと構えていたら、敗北を約束されたようなものです。
明日を頼まず、明日なき人のごとく、全身全霊で今日を戦った。ゆえに学会にはスピードがあり、大発展したのです。


人によって早い遅いはあるであろう。しかし、正しき仏道修行の道から退転しなければ、「一生成仏」と仰せのように全員が必ず一生のうちに成仏という絶対的な幸福境涯を開けることは間違いない。


世の中には一見するとなぜこんなことが起るのかと感じるような不可解な出来事があまりにも多い。それは世間的、皮相的なものの見方では人生の幸不幸を決定する深き因果の理法を見据える事が出来ないからである。


心配のない世界でストレスも歪みもない生活を想像するのは心楽しいことかもしれないが、これはなまけものの夢にすぎない。


遠く穴居生活の時代から地球はエデンの園ではなく、生存するためには反発力が必要な決定の谷間だった。地球は憩いの場所ではない。

Translate »