池田先生ご指導

師弟という言葉に、何か時代錯誤的な、封建時代の遺物のような印象をいだく人も少なくない。 しかし、いかなる道を極めるにも、師が必要である。

師弟不二とは、師の心をわが心として生きることであり、いつ、いかなる時も、己心に厳として大難をも払ふべき者なり」と説かれる。
「師弟不二ならば、一切を勝利できる」これが、仏法の要諦であり、学会精神の真髄である。
「師と共に」戦うから、小さな自分の殻を破れる。
「師のために」戦うから、本当の底力が出せる。
「師弟不二」なればこそ、いかをる苦難も恐れず、生命の最極の軌道を進める。


師弟という言葉に、何か時代錯誤的な、封建時代の遺物のような印象をいだく人も少なくない。
しかし、いかなる道を極めるにも、師が必要である。
ましてや、仏法という生命の大法を会得していくためには、それを感得し、自らを触発してくれる師の存在が不可欠となる。
人間を育むものは、人間以外にない。

  1. 寿美 より:

    先生!ご安心ください!と、申し上げられない甘えてる自分が悲しい、悔しい。

    どうしたらお伝えできる自身になれるのか、
    教えてください!!

Translate »