御書と歩む

〈御書と歩むⅡ――池田先生が贈る指針〉40 2018年10月24日 末法弘通の功徳は無量

スポンサーリンク
末法弘通の功徳は無量
  • 御 文
  • 極楽百年の修行は穢土の一日の功徳に及ばず、正像二千年の弘通は末法の一時に劣るか
    (報恩抄、329ページ)
  • 通 解
  • 極楽浄土での百年の修行の功徳は、汚れたこの国土での一日の修行の功徳に及ばない。正法、像法2000年の弘通は、末法の一時の弘通に劣るのである。
同志への指針

 濁世の末法において妙法を弘めることは、難事中の難事である。その中で、地涌の使命を果たしゆく功徳が、どれほど大きいか。
仏法上の苦労には一つも無駄はない。厳しい環境の中で祈り抜き、学会活動に挑戦していくことは、全て無量無辺の「心の財」となる。
人間革命も、宿命転換も、「穢土の一日の功徳」によって勝ち開いていくのだ。