戸田先生最強ご指導

ところが、日蓮大聖人は、この人生の難問題、すなわち生命の本質を解決してくださっているんです。 しかも、どんな凡夫でも、必ずそのような解決の境涯にいけるように、具体的に指南してくださっている。

「人間の長い一生には、いろいろな難問題が起きてくる。戦争もそうでしょう。現下の食糧難。住宅難もそうでしょう。
また、生活苦、経済苦、あるいは恋愛問題、病気、家庭問題など、何が起きてくるか、わからんのが人生です。
そのたびに、人は命を削るような思いをして、苦しむ。それは、なんとか解決したいからだ。
しかし、これらの悩みは、水面の波のようなもので、まだまだ、やさしいともいえる。
どう解決しようもない、根本的な悩みというものがある。
人間、生きるためには、生死の問題を、どう解決したらいいか・・・これだ。
仏法では、生老病死と言っているが、これが正しく解決されなければ、真の正しい人生なんか、わかるはずはありません。
生まれて悪うございました。と言ったって、厳然と生まれてきた自分をどうしようもない」

「いつまでも、十九の娘でいたい、年は絶対に取りたくないと、いくら思ったって、四、五十年たてば、お婆さんになってしまう。
私は、病気は絶対にごめんだと言ったって、生身の体だもの、年をとれば、ガタガタになってしまう。これも避けるわけにはいかない。
それから最後に、死ぬということ・・・・・これは厳しい。
みんな、いつまでも生きられると思っているが、今、ここにいる誰だって、せいぜい六、七十年たてば、誰もこの世にいなくなる。
”死ぬのは、いやだ” と言ったって、だめだ。
どんなに地位があろうが、財産があろうが、どうすることもできない。
こうした人生の根本にある問題は、いくら信念が強固だといったって、どうにもならない悲しい事実です。
人生にとって重大な、こうした問題を、正しく、見事に、さらに具体的に解決した哲学は、これまでになかったといっていい。
だから、正しい人生を送りたいと願っても、実際には、誰もどうしようもなかった。
突き詰めて考えてもわからないから、『人生不可解なり』などと、自殺するものも出てくる。
厭世的になるか、刹那的になるか、あるいは、あきらめて人生を送るしかない。
ところが、日蓮大聖人は、この人生の難問題、すなわち生命の本質を解決してくださっているんです。
しかも、どんな凡夫でも、必ずそのような解決の境涯にいけるように、具体的に指南してくださっている。
これほどの大哲学が、いったいどこにありますか」
「正しい人生とは何ぞや、と考えるのもよい。しかし、考える暇に、大聖人の仏法を実践してごらんなさい。
青年じゃありませんか。必ずいつか、自然に、自分が正しい人生を歩んでいることを、いやでも発見するでしょう。私は、これだけは間違いないと言えます」

Translate »