戸田先生最強ご指導

あなたの、そういう夫を持たなければならない宿業が打破されない限りはその人と別れても、また同じような亭主を持つのです。

スポンサーリンク

質問

「主人が信心に反対しています。そのために事業も思わしくないのです。
主人からひどく邪魔され、このまま我慢してやっていった方が
いいでしょうか?。別れた方がいいでしょうか?」

戸田先生

そういうことには返事できません。
夫婦の仲にまで入るわけにはいきません。
しかし、教えることだけは、一つあります。
あなたの、そういう夫を持たなければならない宿業が打破されない限りはその人と別れても、また同じような亭主を持つのです。

同じものを持つなら、今のでも間に合いそうです。
そして、ただ、いかにいじめられても、信心をしとおして、その宿業がきれるならば、その夫は必ずいい夫に変わるでしょう。
変らなければ、その夫の方から出ていってしまいます。
その時に、考えればいいのです。
どのように焦っても、自分の宿業は変わらないのに、その人と別れて、いい亭主ができるとは、私には考えられません。
もう一言いいますが、別れるなというのでもないのです。
別れろというのもありません。
あなたの宿業がきれれば、自然と変わるというのを教えたのです。