池田先生ご指導

いかに観念的に、仏法を理解しようとしても、仏法の神髄が、決して会得できるものではない。題目を唱え、逆境を切り開き、力強い人生を歩むとき、生活、生命の上に厳然と功徳が湧き、証得できるのである。

「同じ『祈り』でも、『強い気持ち』で祈ろう。叶うまで諦めたらダメだ」変われるのか?→変わろう→変わりたい→絶対に変われる!その通りだった。一念を込めて祈っていくほど、決意は強く、深くなっていく 。


戸田先生は、婦人部に対して言われた。「真剣に、御本尊に願い切りなさい。この簡単な原理が、皆、分からない。これが一番、遠いようで、確実な早道になっていくからである」
(人生の浮き沈みなどに)いちいち紛動される必要はない。根本は信心である。前に向かって、未来に向かって、勝利に向かって、南無妙法蓮華経と唱える自身の胸中に、すべての勝利は入っているのである。


いかに観念的に、仏法を理解しようとしても、仏法の神髄が、決して会得できるものではない。題目を唱え、逆境を切り開き、力強い人生を歩むとき、生活、生命の上に厳然と功徳が湧き、証得できるのである。そこに大御本尊の威力、大聖人の仏法の偉大さを、しみじみと自覚できるものである。遠く、釈迦時代に「智慧第一」といわれた舎利 すら「以信得入」といって、信をもって成仏した。信心、実践なき者に、仏法がわかろうはずがないのである。

  1. ハナワ より:

    一人の力ではどうにもならず悔しい気持ちです。部員さんは、帰って来ません。

  2. ハナワ より:

    その後逃げ続け組織は、潰されてしまいました。ろくな者じゃないと思いしました。

Translate »