リーダーの見えや体裁を捨てた「本気の姿」こそが、跳躍の鍵である。 「何より、皆をほめ讃えることである。

シェアする

リーダーの見えや体裁を捨てた「本気の姿」こそが、跳躍の鍵である。 「何より、皆をほめ讃えることである。同志がほっとして前進していけるよう、名指揮をお願いしたい。  さらに、皆への話は、スカッとして明快でなければならない。くどい話は、だめだ。格好をつけた、偉ぶった話は、最低である。  皆の胸に、自分の命が入るように、魂が響くように語るのだ。皆が『そうだ!』『やるぞ!』と奮い立つ。心と心が合致して、すっきりと戦える。そこに勝利への第一歩がある」

コメント

  1. アバター 笠井輝夫 より:

    シンプルで、真心の言葉が一番です。