池田先生ご指導

「信心」とは、いわばこの「冥の照覧」を信じ切ることと言えるでしょう。 私も、それを信じて、人の知らないところで戦ってきました。

スポンサーリンク

信心は他人に「どう見えるか」ではない。自分自身が「どうあるか」「どう行動したか」である。目には見えない「一念」と「行動」が、長い間には必ず目に見える結果となって現れてくる。長い目で見れば、その人の真実は、自然のうちに明らかになっていく。裏表のない人が最後に勝っていく。
例えば、電波は目には見えないが、火星や金星にまでも、つながっていく。生命の一念も、凡夫の目には見えないが「一念三千」の法則によって、諸天・諸仏をも動かし、厳然たる「実証」となって現れる。

「信心」とは、いわばこの「冥の照覧」を信じ切ることと言えるでしょう。
私も、それを信じて、人の知らないところで戦ってきました。
「確固たる信心」の人は必ず「確固たる幸福」の人生を開いていく。このことを確信してください。


他の世界では要領が通用したとしても、仏法の世界では陰の労苦、目に見えない一念がそのまま結果となって現れる。ゆえに、誰が見ていようと、いまいと、勇んで行動することである。


優れているものを、ありのままに認め、尊敬すれば、自分もパッと開けるのだが…
エネルギ-を無駄に使うことなく「勝利」という一点に集中しきっていく。


 

コメント

  1. 今年11月29日に重大な間違いをしてしまいました。自分自身、深い海の底まで落ちた気持ちになりました。今まで常にこの冥の照覧の指導を心してやって来ました。私は立ち上がります!これからも冥の照覧を信じて‼️