聖教ニュース

高校野球 西東京大会 創価が5回戦へ 2018年7月18日

◇西東京大会4回戦

世田谷学園
100000|1
300224×|11
創価
(6回コールド)

 第100回全国高校野球選手権記念大会の西東京大会4回戦が17日、府中市民球場で行われ、創価高校が世田谷学園に11対1の6回コールドで快勝。ベスト16に進出した。
創価は初回に先制を許したが、すぐに強力打線が相手投手を攻略する。一回裏、同点に追い付き、さらに、2死三塁の好機で5番・菊地(3年)。内角の直球を完璧に捉えた打球は右翼場外へ。2点本塁打となり、逆転に成功した。
四回にも9番・宮原(1年)の適時打などで2点を追加。五回には、初回に同点打の4番・浪川(3年)が、今度は2点本塁打を右翼席に運び、突き放した。創価の猛攻は続き、六回、1番・門脇(同)、2番・古川(2年)が適時打を放ち、最後はチーム13安打目となる浪川の一打でコールド勝ちを収めた。
先発した創価の吉澤(3年)は、テンポのいい投球を披露した。
5回戦は20日午前10時から、同球場で昭和高校と対戦する(雨天順延)。

Translate »