池田先生ご指導

祈りは、ひたすら御本尊に思いの丈をぶつけていけばいいんです。その際、“信”を入れること、つまり、どこまでも御本尊様を信じ抜き、無量無辺の功徳力を確信して、魂のこもった祈りを捧げることです。

誓願の祈り

祈りは、ひたすら御本尊に思いの丈をぶつけていけばいいんです。その際、“信”を入れること、つまり、どこまでも御本尊様を信じ抜き、無量無辺の功徳力を確信して、魂のこもった祈りを捧げることです。自身の宿命転換、人間革命、一生成仏のためには、“広宣流布に生き抜きます”という誓願の祈りが大事になります。

そこに、わが生命を地涌の菩薩の大生命、大境涯へと転ずる回転軸があるからです。具体的にいえは、“あの人に、この人に、幸せになってほしい。仏法を教えたい”という必死の利他の祈りです。学会活動の目標達成を祈り、行動を起こしていくことです。それが、大功徳、大福運を積む直道です。

したがって、自身の悩み、苦しみの克服や、種々の願いの成就を祈る時にも、“広宣流布のために、この問題を乗り越え、信心の見事な実証を示させてください。必ず、そうしていきます”と祈っていくんです。

祈りの根本に、広宣流布への誓願があることが大事なんです。

Translate »