池田先生ご指導

「『信心しているから大丈夫だ』というのは飛躍です。ある意味で慢心とも言える。

座談会に参加し、悩みがあるのは自分一人ではないと知り、苦難を乗り越えようと奮闘する友の姿に勇気をもらう。そして、決意を新たにした自分の姿が、さらに多くの友の心に力強い勇気を灯していく。
この励まし、励まされる心と心の往還を通し、一人の誓いが次の一人の誓いへと伝播する中で、困難に直面してもくじけることのない「希望の力」を共にわき立たせていく生命触発の場が、座談会です。
———————————
日蓮大聖人も『心にふかき・えうじん(用心)あるべし』(御書1176ページ)と仰せです。『信心しているからこそ、人一倍、健康に注意する』
———————————
どうすれば、皆が元気に喜んで進んでいけるか。具体的に手を打つことだ。
何があろうと、妙法の力で変毒為薬していく。共に祈り、苦難を乗り越える。これが、我ら創価家族だ。

Translate »