池田先生ご指導

創価学会はいわば壮大な仏法と人生の“大学校”だ。

幸福は、他から与えられるものではない。自分でつかむものだ。幸福への扉(とびら)のカギは、自分自身が持っている。
御義口伝(おんくぎでん)には仰せである。「我等(われら)が頭(こうべ)は妙なり喉(のど)は法なり胸は連なり胎(はら)は華なり足は経なり此の五尺(ごしゃく)の身(み)妙法蓮華経の五字なり」(716ページ)
信心によって、わが身を仏と開いていける。いかなる波浪に遭おうとも、負けない強さと輝きを、生命それ自体が秘めているのだ。信仰こそ、宿命を転換させる根源の力であ。人生を勝ち抜く土台である。
まだ、妙法を知らない多くの人々に、我らは、希望の種、平和の種を植えていくのである。
人々と親しく交流し、誠実に心を通わせ、縁した人の幸福を祈っていきたい。

創価学会は、いわば、壮大な仏法と人生の“大学校”だ。
共に学べば、希望が湧く。和楽があふれる。自己の可能性を最大限に発揮していける。連帯と向上の場となり、精神の安全地帯が広がっていく。人間と人間の絆を強めながら、有意義な研鑽を重ねようではないか。

仏法は、全人類そして全宇宙の生命を輝かせる「最高の善」である。その根本法則にのっとっていけば、最高に価値ある人生となる。妙法を信じ唱えれば、わが生命が大宇宙のリズムに合致していく。

戸田先生は折伏の要諦を、こう語られた。
「自分自身が南無妙法蓮華経で生きているということです」
「ただただ、」自分は南無妙法蓮華経以外に何もない! と決めることを末法の折伏というのです」
南無妙法蓮華経の中に「智慧(ちえ)」も「勇気」も「力」も「優しさ」も、全部、含まれている。
生老病死を乗り越える力は、妙法しかない。自他ともに「常楽我浄」の完全勝利の人生の幕を大きく開くのだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
創価学会が大好き
Translate »