スポンサーリンク
池田先生ご指導

戸田先生が「この御書だけは命に刻んでおきなさい。 学会の闘士になるためには、この御書は忘れてはならない」と言われ、教えてくださった御聖訓がある。

戸田先生が「この御書だけは命に刻んでおきなさい。
学会の闘士になるためには、この御書は忘れてはならない」と言われ、教えてくださった御聖訓がある。
それは、「御義口伝」の一節、「億劫 (きわめて長遠の間) にわたって尽くすべき辛労を、わが一念に尽くして広宣流布に戦っていくならば、もともと自分の身に備わっている『無作三身の仏の生命』が、瞬間瞬間に起こってくる」であった。本当に広宣流布に徹すれば、信心に徹すれば、人生の真髄の生き方に徹すれば、自然のうちに仏の境涯が薫発される、という意味である。