スポンサーリンク
池田先生ご指導

戸田先生の解釈を拝すると、たとえ病で倒れても、どんなことがあっても、どんな答えが出ても、御本尊を疑わない という意味です。これが信心の究極であると私は思います。

「『法華文句』の中に『而強独之』(而も強いて之を毒す)という言葉があります。
戸田先生の解釈を拝すると、たとえ病で倒れても、どんなことがあっても、どんな答えが出ても、御本尊を疑わない
という意味です。これが信心の究極であると私は思います。
世間の人がどんなに誹謗しようと、そんなことは大したことではない。戸田先生は、そんなことは蚊の鳴くような
ものだと言われています。また日蓮大聖人は、世間の留難というものは、ちょうど雨に濡れているようなものだ、
あとはさっぱりすると示されています。」「波瀾万丈の中でこそ本当の「人間」ができる。
やりづらいなかで努力してこそ、本当の深き使命の道が開ける。」