池田先生ご指導

功徳がでる、出ない、ということも、また、生命力が豊かになる、ならない、そして宿命が打開できる、できないということも、だれのせいでもない。

スポンサーリンク
信心の世界では、” 誠実 ” と ” 信義 ” の心の人こそ、妙法のリズムにつつまれ、功徳も早く、いや増していくものである。日蓮大聖人も「心こそ大切なれ」と仰せのごとく、信心では「心」「一念」の姿勢がもっとも大事となる。
功徳がでる、出ない、ということも、また、生命力が豊かになる、ならない、そして宿命が打開できる、できないということも、だれのせいでもない。
すべては、自分自身の「心」いかんであり、「一念」の姿勢によることを忘れてはならない。