御本尊に南無してはじめて、その南無妙法蓮華経という仏界が胸中に涌現し、宇宙の法則と合致していくところ、生命力が増し、功徳があらわれ、宿命が転換され、現実の生活のうえに体験が明確になっていくのである。

結論していうならば、この大宇宙のいっさいの運行の源泉、法則こそが南無妙法蓮華経なのである。
その南無妙法蓮華経を具現化なされたのが日蓮大聖人であり、その顕された御当体が根本尊敬の御本尊なのである。
その南無妙法蓮華経という法則も、私たちの一個人の生命のなかに現存する。
御本尊に南無してはじめて、その南無妙法蓮華経という仏界が胸中に涌現し、宇宙の法則と合致していくところ、生命力が増し、功徳があらわれ、宿命が転換され、現実の生活のうえに体験が明確になっていくのである。

皆様のコメント全部はこちら