実践こそが尊いのである。 実践のない人は、どんなに仏法を知っているといっても「論語読みの論語知らず」である。 法盗人になってしまう場合もある。

実践こそが尊いのである。
実践のない人は、どんなに仏法を知っているといっても「論語読みの論語知らず」である。
法盗人になってしまう場合もある。
だれ人がいかに非難しょうとも、大聖人の仰せどおりの実践の人こそ、御本尊から称讃され、三世諸仏の加護があることを確信されたい。
この実践の一点こそ、仏法の真髄なのである。
これを避けて、いかに、要領よく振る舞っても、因果の理法は厳しいものである。

皆様のコメント全部はこちら