『治りますか』という質問をしては、いけません。治るに決まっているから信心させているのです」と。

シェアする

『治りますか』という質問をしては、いけません。治るに決まっているから信心させているのです」と。
「それを治るか、治らないかと、そこに疑いがある」。それでは祈りは叶わない。
「人間というものは、胃ガン、胃病、肺病になる体をもっているのです。同様に、病気になった体から、病気を治す力も持っているのです。ちょうど、坂を登った人が、必ず坂を降りるようなものです。これが私自身の生命論です。生命哲学から、そう言うことができるのです」とも言われていた。
「形式ではなく、命を打ち込んで、御本尊にすがりつくのです。命を御本尊に差し上げるくらいの、本当の決意をもった題目ならば、治らないわけがありません」