御書には「強いて説き聞かせよ」とありますが、「強いて入信させよ」などとはどこにも書かれていません。

シェアする

御書には「強いて説き聞かせよ」とありますが、「強いて入信させよ」などとはどこにも書かれていません。
折伏とは、仏法対話のことです。
聞法下種でも将来は必ず発心しますから、対話できた時点でその友を三世永遠に救ったことになるのです。
入信するしないは相手が決めることで、あなたが心配することではありません笑
大聖人は信心強情な信徒にしか御本尊を授与しませんでした。信心は本来精鋭主義です。
「仏法は理解した、しかし学会に入る気はない」
対話の結果がそれだったら、それでいいのです。