題目を聞いて、他の人まで「随喜」する。そのようなさわやかな唱題の声でありたい。

シェアする

題目を聞いて、他の人まで「随喜」する。そのようなさわやかな唱題の声でありたい。
妙法を唱える声、また、確信に触れて、あの人は素晴らしいな、学会の人はすごいな、元気がでてくるな、と聞いた人も随喜する。また、血色もよく、いい顔をしている。いい笑顔だな、輝いているな、と随喜する場合もあろう。
このように、目に見える姿は、まさに「会友」の方々の姿といえよう。随喜から随喜へ「会友」運動の方程式である。