人生は信の上に立つといってよい。この基礎がぐらつくならば、不安この上ないものとなる。したがって、問題は信ずるか信じないかの問題ではなくて、何を信ずるべきかである | 創価学会が大好き

人生は信の上に立つといってよい。この基礎がぐらつくならば、不安この上ないものとなる。したがって、問題は信ずるか信じないかの問題ではなくて、何を信ずるべきかである

シェアする

牧口先生
「一切の生活は信じて行い、行ってはじめてその価値を知るのである。一杯の水も、信じるがゆえに飲めるのであって、自分で分析して研究してからとなると、容易に飲めるものではない」「人生は信の上に立つといってよい。この基礎がぐらつくならば、不安この上ないものとなる。したがって、問題は信ずるか信じないかの問題ではなくて、何を信ずるべきかである」