「科学が進歩すればするほど、仏法の法理の正しさが証明される」とは、第2代会長・戸田先生の達観でありました。 | 創価学会が大好き

「科学が進歩すればするほど、仏法の法理の正しさが証明される」とは、第2代会長・戸田先生の達観でありました。

シェアする

「科学が進歩すればするほど、仏法の法理の正しさが証明される」とは、第2代会長・戸田先生の達観でありました。
まだまだ科学は発展途上ですが、私は、この言葉をかみ締めています。
そもそも古来、物理学者たちは“神がつくった宇宙は単純なはず”“究極の法則は美しいはず”との信念を持ちつつ、理論を積み重ね、宇宙の真理を求めてきました。その探究心から物理学は発展しており、相対性理論を発見したアインシュタインも“宗教なき科学は不具”“想像力こそ科学研究の真の要因”との言葉を残しています。


「信心することも折伏することも、全部が自分の幸福のためです」
「今、どんなに苦しい宿命と戦っていても、必ず転換できる。宿命を転換し、福運を積み切っていく信仰が、日蓮仏法なのです」