まず題目、それから議論をし、また題目を唱えるという根本の姿勢を忘れてはならない。

シェアする

けれどもというまえにまず題目を唱えていくことが大切なのである。
まず題目、それから議論をし、また題目を唱えるという根本の姿勢を忘れてはならない。
初信の人々は、自分自身の苦悩の解決と願望の成就を願っての信心といえるであろう。しかし、深く日蓮大聖人の御書を拝しゆくならば、それでは完全にして真実の発心とはいえない。もちろん、それであっても、甚深無量の大法の功力によって、偉大なる利益、功徳があることはまちがいない。
しかし、真実無量の大功徳に浴さんがためには、発心を真実にして、大聖人の門下として広宣流布に立ち向かい、地涌の菩薩としての使命に生きぬくことこそ肝要である。これが、宗祖大聖人より御称讃いただけ、まことの信心であることを知っていただきたい。