池田先生ご指導

どんな宿業、どんなに鉄の鎖で体をぐるぐる巻きにされ、鍵をかけられたとしても唱題はすべての宿業を切る。

今の自分の境涯を高めていくことで、過去の因は悪因ではなくして善因となる。過去に囚われない。いな、過去さえも変えていくことができるのです。  そして、今この瞬間の一念が変われば、それが「現在の因」となって「未来の果」をいくらでも変えていけます。


妙法の功徳は煩悩即菩提! 広布に戦えば 「悩み」は全部「幸福」に変わる!


逆境こそが幸福! 青年よ 波瀾と激戦の中で 学び 鍛え 強くなれ!


どんな宿業、どんなに鉄の鎖で体をぐるぐる巻きにされ、鍵をかけられたとしても唱題はすべての宿業を切る。

 

  1. としお より:

    頑張ります
    自分に負けないよう

  2. キタノ より:

    できるよ。

  3. 団子 より:

    人の心を変え、思われ方は変わるか?