池田先生ご指導

御本尊の前で勤行する時は、日蓮大聖人の御前にいるのと同じことだ。仮にも、だらしのない態度であってはいけない。

御本尊の前で勤行する時は、日蓮大聖人の御前にいるのと同じことだ。
仮にも、だらしのない態度であってはいけない。
居眠りしたり、あくびをしたりするような勤行では、決してならない。
私たち凡夫の、さまざまな日常生活のなかで、
最も厳粛で、また、最も崇高な仏界の時が、この勤行の時である。
御本仏・日蓮大聖人の御前で、居眠りや、あくびができるものか、よく考えなければならない。
そうかといって、形式のみにとらわれたり、コチコチになれというのではない。
あくまでも無作でなければならないだろう。
御本尊様は、無作三身如来で、主・師・親の三徳を備えられている。
嬉しければ、嬉しいでいいし、辛ければ辛いまま、そのままの姿で、
純真に、真剣に、ご祈念申し上げればよい。心豊かに、朗々と唱題をすることだ。
純真無垢な勤行が、御本尊様に通じないわけがない。

Translate »