池田先生ご指導

それを乗り越えて仏界を証明するための秘妙方便としての悩みとなる。悩みは「もっと成長しなさい」と呼びかけるメガホンなのです。

スポンサーリンク

牧口先生は喝破されました。
信者と行者は区別しなければならない。信ずるだけでも、お願いをすれば、御利益はあるにちがいないが、ただそれだけでは、菩薩行にはならない。自分だけ御利益を得て、他人に施さないような個人主義の仏はないはずである。菩薩行をせねば仏になれないのである。
信じいているだけの「信者」ではいけない。
学んでいるだけの「学者」でもいけない。
他者のための行動に打って出る「行者」とならなければ、仏法はわからない。


御本尊を信受したあとの九界の苦悩は苦悩のための苦悩ではない。全て信心を奮い起こして仏界を強めるための悩みであるし、それを乗り越えて仏界を証明するための秘妙方便としての悩みとなる。悩みは「もっと成長しなさい」と呼びかけるメガホンなのです。


どんな悩みも全部、題目によって自分のガソリンに変わる。生命力に変わる。人間性に変わる。福運に変わるのです。だから大いに悩み、大いに題目をあげきって、成長していけばよいのです。