すなわち、病気が契機となって人生のリセットが行われているという実感を深くするのです。

シェアする

さまざまな病気の人々と接していると、病気になるのは単なる偶然ではない、むしろ必念としか思えないような気になってきます。というのは、本当に治っていく人を見ていると、もしこの人が病気になっていなかったら、この人は不本意でつまらない一生を送っていたかもしれない。病気になったがゆえに、一時は苦しんだかもしれないが、その中でつかんだものが本当の意味での人生の蘇生になっていると感じられるのです。すなわち、病気が契機となって人生のリセットが行われているという実感を深くするのです。