池田先生ご指導

勝利の結果をありありありと心に描きイメージし、確信することによって 脳が全力をあげてその描いた像を現実にしようと働きはじめる。

イギリスの随筆家ハズリット
「勝てると思えば勝てるのだ。自信こそ勝利の用件である」「絶対に勝つ」という信念が、自分の全能力を引き出し、普段は眠っている力まで起こして、実際に「勝つ」ように働かせていくのである。
人間の「脳」は「小宇宙」と呼ばれる。一説では、数百億の神経細胞が「脳」にはある。その「組み合わせ」となると文字どおり「天文学的数学」となる。「脳」の可能性は、まだまだ未知の分野である。どれほどの力が秘められているか、わからない。
ただ、確かなことがひとつある。それは
「自分が信じ、考えた通りの方向に、現実も動いていく」
という「信念の力」「思考の力」である。「本当にできると思えば、必ずできる」という事実である。
勝利の結果をありありありと心に描きイメージし、確信することによって
脳が全力をあげてその描いた像を現実にしようと働きはじめる。

Translate »