題目をバカにして策に走れば、結局は敗れる。 生命を賭けた戦いに福運はつく。

シェアする

題目をバカにして策に走れば、結局は敗れる。
生命を賭けた戦いに福運はつく。
皆の祈りが一緒にならないと、戦いがうねりになって行かないのです。
誰がどう言おうと何をしようと題目にはかなわないのです。
行動がないと信心とは言えないのです。
御本尊様は見通している。
信心の世界は不思議なもので、本気になってやれば今の千倍 万倍の功徳がでるのです。
信心の世界は題目をあげきっていけば、鉄の扉が開く力があるのです。
宿命転換ができないわけがありません。
信心の世界は皆で大勢で嵐のように題目をあげていく世界なのだ。
題目だね。一切題目だ。百万言の指導より、百万冊の哲学書より題目です。
題目をうんとあげなさい。祈りなさい。願いなさい。
全部そのとおりになって、戦いは開いてゆく。
君自身がどれだけ題目をあげたかということでしょう。
題目をあげれば自然に教学が必要となります。
題目をあげれば自然にその仕事が充実します。
苦しいことだってある。悲しいことだってある。涙にむせぶ夜もある。
ひどい心の傷を受けた日だって、そんな時はぼくの心の扉をノックしてごらん。
ぼくの心は君のために開いている。
この耳だって、いつもどんな時だってきいてあげる。
この眼だって、ともに涙をいっぱいためてあげる。
うれしいことは云わなくてもよい。君の顔を見ればわかる。
辛く嫌なことはすべてぼくに話してごらん。
君の重苦しい身体を半分背負ってあげる。
そして一緒に歩いていこう。