池田先生ご指導

指導とは分からせるのが目的なのではなく、信心根本に、よし、自分も問題解決へ挑戦していこうと決意させ、広布の使命を果たせることを、御本尊に真剣に祈るような信心に立たせるのが目的なのです。

学会の伝統はまさに徹底した、地道な個人指導にあります。誠意と確信みなぎる的確な個人指導の積み重ねのなかに、一人一人を蘇生させ、人材として磨きあげていく源泉があるのです。
戸田先生はつねづね「学会は指導主義である。偉大なる御本尊の功徳を受けさせ、強き生命力を得させるように指導するのある」
と言っておられた。また、「指導とは激励なり」と、よく言われていた。分かったというのと、よし、やろうというのとでは違う。すなわち、指導とは分からせるのが目的なのではなく、信心根本に、よし、自分も問題解決へ挑戦していこうと決意させ、広布の使命を果たせることを、御本尊に真剣に祈るような信心に立たせるのが目的なのです。

Translate »