毎日三千遍の題目をあげていこう。その一日三千遍の題目があがると生命の回転が始まってくるのだ。 生命がきれいになってくるのだ。 三千遍の題目があがると学会のリズムになってくる。

シェアする

一日三千遍のお題目をしっかりあげなさい。
勤行は信心の一番の基本です。今いいかげんな勤行をやっていたら十年、二十年後には必ず失敗する。
それが子供に出てきたり家庭にでてきたり個人の立場でいろんなところに波及していく。自分の信心をちゃんとやっていかないとどんなに頭が良くてもうすっぺらなパッパみたいになってしまう。
そういう人は信心の鎧を着ないで増上慢の鎧を着ている。
自分は大丈夫だと思っているところに増上慢があり失敗がある。
増上慢の鎧を着ている人は勤行一つにしてもはりがない。そういう人は要注意だ。
学会の組織についていろいろ問題があるというけれども根本の一切の原因は勤行そのものである。
本当に勤行をし、実践した人は学会を築いてきた人達の悩みと苦しみは自然にわかってくるものだ。
題目をあげ勤行をし、学会の悩みを知っていこうという気持ちがなければ批判になってしまう。
毎日三千遍の題目をあげていこう。その一日三千遍の題目があがると生命の回転が始まってくるのだ。
生命がきれいになってくるのだ。
三千遍の題目があがると学会のリズムになってくる。
常に三千遍あげればそれだけ生命力が豊かになり、それ自体が行力になってくる。
ともかくこの半年間が勝負だ。なかんずく二~三ヵ月が勝負だ。題目をあげて魔を打ち破っていこう。仏道修行で一番やさしいのは題目だ。又仏道修行で一番難しいのは題目だ。しかし一切の源泉、福運の源泉は唱題にある。