2020-08-12

スポンサーリンク
名字の言

同じ指導でも、生命力のある声とそうでない場合とでは、相手への感応がまったく違う。それは、声の大小ではない。声に表れた一念の強さなのである。

0
戸田先生最強ご指導

「妙法の功徳は目に見えないうちに大きくなってくる。胸に植えた仏の種は必ず大樹になる。いったん、そうなってしまえば、その時には“もう功徳はいらない”と言っても、どんどん出てくるんだ」

0
池田先生ご指導

一ミリでいい、前へ進みたい。が、現実の実践の持続は容易ではない。それが半年、一年となれば、よほどの決意、意欲、執念が必要だ。 山が急激な地核変動でできるように、心の殻をたたき割る強き一念を、いかに呼び起こすか。

0
池田先生ご指導

電波と同じように、目には見えないけれど、生命の「十界」の波長が宇宙にはある。少し、難しい話になるが。 問題はどのチャンネルの波長に合わせるかです。

0
池田先生ご指導

名医ともなれば、顔の表情ひとつで、悩んでいるかどうか気付いてあげないといけないわけですね。 一人ひとりの部員さんのことを御本尊に真剣に祈りながら、僕らが名医に成長して行くしかないんだよ。相手に迎合して、信心の世界に遊びを持ち込もうというのは「随他意」だ。

0
スポンサーリンク
Translate »