池田先生のご指導

池田先生ご指導

「行学は信心よりをこるべく候、力あらば一文一句なりともかたらせ給うべし」とも仰せです。「信」は、行学という具体的な実践に現われます。「力あらば」とは、力があるとか、ないとかなどではありません。「力の限り」という意味です。

0
池田先生ご指導

本日の御書 疑つて云く日蓮を正と為す正文如何、答えて云く「諸の無智の人有つて悪口罵詈等し及び刀杖を加うる者」等云云(法華取要抄p334)

0
池田先生ご指導

聖教新聞の使命は極めて大きい。学会にあっては、信心の教科書であり、同志と同志の心をつなぐ絆になっていかなくてはならない。

0
スポンサーリンク
池田先生ご指導

「聖教」は、私の生命であり、 創価学会の生命であり、 仏法厳護の生命であり、 広宣流布の生命である。

0
池田先生ご指導

「下から上を動かせ」──これが牧口先生の指導であった。「下から上へ」変革の波を起こす。これが民主主義である。妙法の世界である

0
池田先生ご指導

信心している人が病気になるのは必ず深い意味がある。永遠の生命を悟る一つの回路であるともいえる。

0
池田先生ご指導

本日の御書 わざはひも転じて幸となるべし、あひかまへて御信心を出し此の御本尊に祈念せしめ給へ、何事か成就せざるべき(経王殿御返事p1124)

0
池田先生ご指導

この広大な「一念」の力、内面の力を確信し、引き出すとき、いかなる外界の悪、反価値をも、善の方向へ、価値の方向へ転じていくエネルギーとなる。これが「価値」であり、一念三千の実践です

0
池田先生ご指導

実は、困難の度が深まれば深まるほど、もう少しで、それを乗り越えられるところまできているんです。

0
池田先生ご指導

まして、変毒為薬、罰即利益、煩悩即菩提と説かれるように、信心には一切のマイナスを転じてプラスに変える力がある。この信仰こそ『無限の希望』の源泉である。

0
池田先生ご指導

本日の御書 だんなと師とをもひあわぬいのりは水の上に火をたくがごとし(四条金吾殿御返事p1151)

0
池田先生ご指導

何も嘆く必要はない。全て三世にわたる「幸福の大旅行」のひとこまであり、妙法を持つ人は、すべての風景を悠々とたのしみきっていける。

0