2022-08

小説「新・人間革命」

〈小説「新・人間革命」〉力走 二十八 2016年4月26日

0
池田先生ご指導

心の願いのとおりに、ありのままの姿で、唱題を重ねていく。すべてに深き祈りを込めて、唱題根本の「信心即生活」を重ねていく。

0
池田先生ご指導

不幸に見えることがあっても、それは、最大に幸福になる意義をはらんでいるのだから。御本尊に祈りきって、一歩も引かないで、悩みを突き抜けて進むのだ。

0
スポンサーリンク
本日の御書

本日の御書 をくびやう物をぼへずよくふかくうたがい多き者どもはぬれるうるしに水をかけそらをきりたるやうに候ぞ(聖人御難事p1191)

0
池田先生ご指導

信心が進んでる人は批判などしません。本当に人のことを思います。批判をしている人は、信心が止まっている証拠なのです。 戦いの“的”がなくなっている証拠なのです。前進していない証拠なのです。

0
本日の御書

本日の御書 日蓮大高声を放ちて申すあらをもしろや平左衛門尉がものにくるうを見よ、とのばら但今日本国の柱をたをすとよばはりしかば上下万人あわてて見えし、

0
名字の言

〈名字の言〉 2022年8月26日  高校時代に駅伝選手だった友から聞いた話。走っている時は、最終盤まで中継地点が見えない。

0
名字の言

〈名字の言〉 2022年8月25日 「人生で最高の瞬間」はいつか。冒険家の三浦雄一郎氏は、それを「挑戦している時」と語る。5

0
池田先生ご指導

「仏界が顕れる」ことと「魔軍を降す」こととは一体なのです。魔は、内にも外にもいる。しかし、それに勝つか、負けるかは自分自身の一念です。大事なことは、勝ち続けることです。

0
池田先生ご指導

ある調査では「インターネットの利用時間が長くなればなるほど憂鬱になったり、孤独感を覚えがちになる」という結果が出たそうです。やはり人間は、人間に直接会わなければ、生命の触発はないということだね。

0
池田先生ご指導

私は、戸田先生の人格を慕い、深遠な哲学性を求めて入会したが、宗教そのものには抵抗があった。父親は、私の入信に猛反対であった。

0
名字の言

〈名字の言〉 2022年8月24日  作家・中島敦の短編小説「弟子」には、孔子に仕えた子路の潔い生きざまが描かれている。

0