戸田先生最強ご指導

戸田先生最強ご指導

最後に、絶対に、『幸福でたまらない境涯』『楽しくてたまらない境涯』になる。そういう人生を飾っていくのが、この妙法なんだ。学会活動の功徳なんだ。

1
戸田先生最強ご指導

題目は、病気の人には「薬」となり、悩みの人には解決への「智慧」となり、「福運」となり、落ち込んでいる人には「元気のもと」となる。 かぎりないエネルギーが出てくる。

0
戸田先生最強ご指導

信心とはズバリ、確信である。無疑曰信の題目である。 一心不乱の唱題である。自身の一念に、強い強いエネルギーを発するところに宇宙のエネルギーも呼応する。

2
戸田先生最強ご指導

「一念に億刧の辛労を尽せば本来無作の三身念念に起るなり所謂南無妙法蓮華経は精進行なり」 「この御書は、絶対に命に刻んでおけ。学会の闘士は、この一節を忘れるな!」

1
戸田先生最強ご指導

法を行じ抜いた人は、今世では絶対の幸福境涯を勝ち開き、生々世々に大指導者になる。 御本仏・日蓮大聖人と一体の生命で、大宇宙を舞台に広宣流布に活躍していけるのだ

0
戸田先生最強ご指導

難が来たら喜べ! そのときが信心のしどころであり、宿命転換のチャンスである。仏法は百発百中の『変毒為薬』大法である。たとえ失ったものでも、元の十倍、百倍の大功徳となって取り返せるのだ

0
戸田先生最強ご指導

題目は、師子の吼ゆるがごとく唱えるのだ。生命の勢いがなければならない。

0
戸田先生最強ご指導

「題目をあげて、人々にどんどん仏法を語っていきなさい。将来必ず、すごい境涯になれる。生命力あふれる対話をするのだ」

0
戸田先生最強ご指導

しかし、心の奥深くには、大海原よりも、大空よりも壮大な仏界の境涯が広がっている。その大いなる仏の生命を涌現して、現実社会に寂光土を築きゆく力こそ、信心の勇気なのだ。

0
戸田先生最強ご指導

宇宙をはじめ、外界の現象だけを追う。内なる生命には関心を向けない、そこに、現代文明の根本的な狂いがある。

0
戸田先生最強ご指導

御本尊は、生命のあらゆる原理を体系化し、縮図化して、一幅の曼陀羅にあらわされているのであります。

0
戸田先生最強ご指導

御本尊があるではないか。御本尊を忘れるな! 燃え上がる信心でなければ、祈りは叶わない。苦難に真正面からぶつかって祈りぬくのだ

2
戸田先生最強ご指導

信心の深さが変わらなければ、生活は変わらない。信心が深ければ生活は一変する。運命の転換ができるのである。

0
戸田先生最強ご指導

我々は信心したから大御本尊様という電灯がついている。だから顔の色つやもよくなるのです。信心して青い顔している者は、信心したといっても本当にしていない。インチキなのです」「桜色にパッとしていなければならない。

0
戸田先生最強ご指導

なにか困ると、梵天、帝釈が働くのです。向こうからきて助けるのではなく、こっち(己心)にあるところの梵天、帝釈が働きだすのです。南無妙法蓮華経に照らされて御本尊のほうの梵天と帝釈がこっちに感応してくる。だから梵天、帝釈が働かざるをえなくなる

1
戸田先生最強ご指導

「妙法の功徳は目に見えないうちに大きくなってくる。胸に植えた仏の種は必ず大樹になる。いったん、そうなってしまえば、その時には“もう功徳はいらない”と言っても、どんどん出てくるんだ」

0
戸田先生最強ご指導

さらにこの電球の例でいえば、信心しない者は電球が線につながっていないようなもので、我々は信心したから大御本尊様という電灯がついている。だから顔の色つやもよくなるのです。

0
戸田先生最強ご指導

あなたたちに幸福をくださる、絶対のご本尊様です、宇宙の変化の根本の生命が、ご本尊様である。境智冥合して、生命が変化して功徳がでるのである。

0
戸田先生最強ご指導

こっちには信心があるからといって、手をこまねいていると、そこに油断がおきるのだ。

0
戸田先生最強ご指導

我々の生命には仏界という大不思議の生命が冥伏している。この生命の力および状態は想像もおよばなければ、筆舌にも尽くせない。しかしこれを、われわれの生命それ自体も冥伏せる仏界を具現できるのだと説き示したのが、この法宝品の儀式である。

0