戸田先生最強ご指導

スポンサーリンク
戸田先生最強ご指導

御本尊は、生命のあらゆる原理を体系化し、縮図化して、一幅の曼陀羅にあらわされているのであります。

0
戸田先生最強ご指導

御本尊があるではないか。御本尊を忘れるな! 燃え上がる信心でなければ、祈りは叶わない。苦難に真正面からぶつかって祈りぬくのだ

1
戸田先生最強ご指導

信心の深さが変わらなければ、生活は変わらない。信心が深ければ生活は一変する。運命の転換ができるのである。

0
スポンサーリンク
戸田先生最強ご指導

我々は信心したから大御本尊様という電灯がついている。だから顔の色つやもよくなるのです。信心して青い顔している者は、信心したといっても本当にしていない。インチキなのです」「桜色にパッとしていなければならない。

0
戸田先生最強ご指導

なにか困ると、梵天、帝釈が働くのです。向こうからきて助けるのではなく、こっち(己心)にあるところの梵天、帝釈が働きだすのです。南無妙法蓮華経に照らされて御本尊のほうの梵天と帝釈がこっちに感応してくる。だから梵天、帝釈が働かざるをえなくなる

1
戸田先生最強ご指導

「妙法の功徳は目に見えないうちに大きくなってくる。胸に植えた仏の種は必ず大樹になる。いったん、そうなってしまえば、その時には“もう功徳はいらない”と言っても、どんどん出てくるんだ」

0
戸田先生最強ご指導

さらにこの電球の例でいえば、信心しない者は電球が線につながっていないようなもので、我々は信心したから大御本尊様という電灯がついている。だから顔の色つやもよくなるのです。

0
戸田先生最強ご指導

あなたたちに幸福をくださる、絶対のご本尊様です、宇宙の変化の根本の生命が、ご本尊様である。境智冥合して、生命が変化して功徳がでるのである。

0
戸田先生最強ご指導

こっちには信心があるからといって、手をこまねいていると、そこに油断がおきるのだ。

0
戸田先生最強ご指導

我々の生命には仏界という大不思議の生命が冥伏している。この生命の力および状態は想像もおよばなければ、筆舌にも尽くせない。しかしこれを、われわれの生命それ自体も冥伏せる仏界を具現できるのだと説き示したのが、この法宝品の儀式である。

0
戸田先生最強ご指導

いわんや妙法を唱えている人は、長い人生のうえからみれば、すべてが変毒為薬される。 ゆえに何も心配しないで、信心強盛に生きぬいていくべきだ

0
戸田先生最強ご指導

戸田先生は、病気の人の話を聞くと、その晩、その人の夢を見ることがあるくらい、一緒に苦しんであげていた。

1
戸田先生最強ご指導

一つの組織においても、反対の意見を出す者がなければその組織は発展しない。故に諸君は幹部となっても自分と反対の意見を述べる人を努めて大切に扱うようにしていきなさい。

0
戸田先生最強ご指導

病気、貧乏あろうと絶対克服できる。それには信というものが必ずなくてはならない。 その心が強ければ、強いほど、いかなることがあっても青年は敗れることはない。

0
戸田先生最強ご指導

最高幹都ならば、結果を出すことだ。「さすがだ」「立派だ」といわれる模範を示すことだ。そして、第一線の同志を守っていくのである。

1
戸田先生最強ご指導

「幹部だ。幹部で決まる。指導者が自分を変えるしかない」

0
戸田先生最強ご指導

『治りますか』という質問をしては、いけません。治るに決まっているから信心させているのです」と。

0
戸田先生最強ご指導

東の方へ向かって、諸天善神に対して挨拶するときに、それは、我が心の中にある諸天善神が、大宇宙に浮かぶのです。

0
戸田先生最強ご指導

御書には「強いて説き聞かせよ」とありますが、「強いて入信させよ」などとはどこにも書かれていません。

0
戸田先生最強ご指導

我々の生命には仏界という大不思議の生命が冥伏している。この生命の力および状態は想像もおよばなければ、筆舌にも尽くせない。

0
スポンサーリンク
Translate »