池田先生ご指導

一生は、あっという間に終わってしまう。ですから、学会の中で、信心を、広宣流布という成仏の道を、私と共に歩んでください。頼みますよ。題目を送ります

どんな時でも題目をあげる人は
必ず幸福に!
<煩悩即菩提>
 「(前略)どのようにすごしても、一生は一生です。悩んで一生を送るのも、苦しんで送るのも、建設のため、福運のため、人のため、法のため、一家一門のために前進するも一生です。一生は、あっという間に終わってしまう。ですから、学会の中で、信心を、広宣流布という成仏の道を、私と共に歩んでください。頼みますよ。題目を送ります」
 「つらい時も悲しい時も題目です。人生は、苦しいこと、悩み、つらいことが多いんです。これは誰人であってもそうです。
  私たちの信心は『煩悩即菩提』です。つらいということは煩悩です。御本尊に題目をあげる人は、妙法の力によって、全部、菩提に、幸福に、福運に変えていけるんです。すごい宝を持っているんです。
  娑婆世界で、耐え忍んでいく世界で、題目をあげる。また、このように集って、『折伏しようね』『広宣流布に頑張ろうね』『あの人を激励しようね』と励まし合う。それは仏の使いです。全て歓喜の生命に変わっていきます。
  同じ悩みでも、仏の悩みであり、仏の苦しみです。それは全部、福運に変わる。成仏のリズムに変わっていきます。それで所願満足になって行きます。

Translate »